FF11 三人(一人)の攻略事情

主に3垢で必死にやってる事を書く予定 リンクフリー

3人(1人)でアンバスケード1章(トンベリ族) 2024年05月(とてもむずかしい)

最初の召喚トンベリが一番強い。

編成

ジョブ構成は剣/侍・召/赤・風/赤

フェイスはヨランオラン・クルタダ・コルモル。

戦法

敵の詳細はFF11用語辞典を参照。

wiki.ffo.jp

剣のエンチャントルーンはスルポール(水耐性)。

召はガルーダでヘイスガ、後は初期配置にいる召喚トンベリは一定時間毎にアストラルフロウを行うので対策にタイタンで大地の鎧と大地の守りを実行します。

戦闘位置は他のトンベリが沸いた際に感知されないように上記の白丸の位置で行います。


準備が整ったら剣がフラッシュで召喚トンベリを釣り、指定位置まで移動してからフェイスを起動させます。

剣はスルポールヴァリエンスとワンフォアオール(魔法バリア)を発動。風はグロリッチジオフレイルを行いデマテリアライズ(一定時間羅盤無敵)を付与。

 

エレメンタルが消えた瞬間に剣はリエモンを発動してアストラルフロウを耐えた後に召がアストラルフロウとアストラルパッセージを実行後に物理履行を連打して召喚トンベリを倒します。(今回はセイレーンのヒステリックアサルト)

召喚トンベリを倒すと中央に他のトンベリが沸いているので近寄る前にフェイスが落ちているなら再度呼び出しを行います。

準備が整ったら剣が感知させてヴァレション等のヘイト行動をした後強化羅盤を再度利用をするので先程の位置まで移動します。

羅盤の位置まで移動したら雑魚をD(黒)→C(シーフ)*2→S(忍者)の順に倒していきます。

召のイフリートのフレイムクラッシュ(核熱)と剣のデミディエーション(核熱)で光連携をダメージソースとしていました。

忍者トンベリを倒す際は微塵がくれの対策に召は大地の守りと大地の鎧、リキャストが戻っているなら剣はワンフォアオールを発動。

雑魚を全員倒したらボスも剣と召で削って倒します。

ボスと分身が行う闇連携は振り向かなくても剣なら耐えれそうでしたが一応振り向き対応を行って戦っていました。

大体20分程で勝利。

最後に

最初の召喚トンベリを倒せるかにかかっていると思います。

初期は剣・侍・詩で行っていたのですが2回目のアストラルフロウまでに倒せない事が多かったのでパッセが通るならそちらの方が瞬間火力が出ると思い今回の編成になりました。

 

討伐時間は長くなりますが召喚トンベリ討伐までの安定性はこちらの方が上で精神的に楽なのでこちらで連戦を行いたいと思います。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2002 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.